Lilyleather Design

mission statement

商品に正直に

物作りに正直に

お客様に正直に

大阪から世界へ発信します

自宅兼工房で、家族やスタッフがいつもワイワイと賑やかに作業をしております。ご来店の際には、製作風景や革工具などもご覧いただく事ができ、楽しんでいただける工房と なっております。

是非お気軽にご予約の上、工房へお越しください。

Lilyleather Design

事業内容

Lilyleather Designでは革製品にかかわる6つの事業を展開しております。

オーダーメイド

お客様のご希望を形にする革アイテムの製作

ネット販売

lilyオリジナルデザイン革製品のネット販売

お札・コイン・カードが入るコンパクト財布
クラウドファンディング

マーケティング戦略を実施

展示会販売

百貨店・イベント会場での展示販売

バートナーシップ販売

オリジナル革製品の提案・プロデュース

―準備中―WORKSHOP

ネット配信にてworkshopを実施

Lilyleather Design history

始まりは2009年。自宅の一室に夫婦2人で工房を構えてLily-Leather として独立。

振り返ると、高校2年の夏にバイクの免許を取得し、卒業と同時にアメリカンを購入。毎日が革ジャン、革パンの生活早く馴染ませる為に寝る時も革ジャン、革パンで布団が真っ黒になり 母親に怒られた思い出があります。

自分のバイクシートを張り替えたり、鞄を作ったり、ごく自然と革細工の世界へと導かれていきました。そんな中、当時の工場長だった方のレザーカービングに魅せられ、ゾクッとした新鮮な気持ちが今でも同じ感覚で残っています。自分も生きたラインを彫りたいと練習に明け暮れた20代前半。

当時は建築業をしながら趣味でレザーカービングをしていましたが、将来、革で生計を立てたいと思い レザークラフトで名のある窪田氏もおられた工場の門を叩きました。

工場では5年ほど学ばせて頂き、今の妻も同じ職人工場で出会い結婚し、2009年Lily-Leatherとして2人で独立しました。

それから10年が経過し、オーダーメイド革製品店として他には真似のできない事にもチャレンジし続けていきます。

Our story

MESSAGE

代表 大城 秀林

Lilyleather Designには、毎日のように全国からたくさんのご依頼が入ります。そのほとんどは「どこも作ってくれる所がなく、それでも諦めれずに一生懸命にネットで探して・・・」と、Lilyleather Designを見つけて下さいます。私はそんなお客様のご希望が形になるよう、打ち合わせをしてから 1つずづ型紙をおこし、全ての工程を手作業で行います。そんなお客様の希望があるからこそ、いつも新しい事にチャレンジする事ができる。お客様の希望がLilyleather Designを育ててくれていると思っています。

そして10年の節目に、お客様に育てて頂いた経験と技術に自信を持ち、オリジナルデザインLilyleather Design ブランドとして発信しております。

大阪にある 思いの詰まったオーダーメイド革製品店が、自身のブランドを立ち上げ、格好いい大人のビジネススタイルを発信し大人のライフスタイルをより良くなるよう挑戦し続けます。

STAFF

Hideshige Ohshiro
Yuri Ohshiro
Nobutaka Mandai
PAGE TOP